朝日新聞に境界確認のなくても、境界確定できるようになる記事がありました

土地売買の時に境界を正確に把握するために確定測量を条件としている場合は多いです。

しかし、必ずしも確定測量をしなければなんてわけではありません。

現在、建売業者が大きい土地を買うときは分筆する必要があるんで確定測量図が必ず必要になります。

記事の中では確定測量ができなければ、土地売買は出来ないと断言していますが必ずしも正しいとは言えない。

ただ確定ができないために、売買契約が滞っていうのは事実であります。

現在は筆界特定については法務局が独自に定めることができることにはなっています。しかし、実際に建築をしようとすると、実際の境界がどこにあるかというのは問題になります

現在では現地で境界を決めるには現地の立ち会いが必要という、測量士は極めて多いです。

そのため、立会いに異常にコストもかかるし、時間もかかります。

また、共有者がいる場合は全員の合意が必要となっているので1人でも見つからないと境界確定ができない。

今回の記事によると、こういった問題がすべて解決されているような制度になるように思われる。

以上に期待しているので、続報が入ったらここでお知らせします。

このニュースがそんなに持ち込まれているかどうかがいまいち伝わらないと思いますが、結構この記事を見て興奮しました。

不動産に関する相談をおまちしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です